お知らせ一覧

2008年5月のお知らせ一覧(全26件)

ニュース 2008.05.30
J:COM、清掃キャンペーンで計1万5,000kg超のゴミ回収

(株)ジュピターテレコムと全国のグループ各社は、5月25日(日)に全社一斉の清掃活動キャンペーン「CLEAN UP OUR TOWN(私たちの街をきれいに)」を実施した。
当日は、J:COMグループの全従業員(雨天により延期したエリアへの参加予定者を除く)と、J:COMの加入者をはじめとする一般参加者が加わり、全拠点合計で約1万人が参加。総計で1万5,502kgのゴミを回収した。

ニュース 2008.05.30
J:COM、テレビの視聴行動を予測する共同研究を実施

(株)ジュピターテレコムは、東京大学(小宮山宏総長)人工物工学研究センターと、テレビの視聴履歴データを利用した、個人のテレビ視聴行動を予測する共同研究を開始する。
コンピュータ上に擬似環境を作り、その中でさまざまな個人の嗜好とライフスタイルを反映した仮想的な個人(「エージェント」)の集団を構築。これら「エージェント」に実際のテレビ視聴履歴を与え学習させることで、個人のテレビ視聴の傾向・パターン等を現実に近い形で再現する仕組み。

ニュース 2008.05.29
オプティキャスト、愛知で「スカパー! 光」のサービスを拡大

(株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズの100%子会社である(株)オプティキャスト・マーケティング(東京・港区、齋藤達郎社長)は5月29日(木)、中京エリア内にて「スカパー! 光」サービスを6月1日(日)から拡大することを発表した。
提供エリアは次の通り。
名古屋市港区、清須市、海部郡大治町、海部郡七宝町、海部郡および甚目寺町、海部郡美和町、西春日井郡春日井町の各全域および名古屋市熱田区、北区、中川区、中村区、西区、東区、瑞穂区、南区、守山区、大府市、尾張旭市、東海市、西春日井郡豊山町の各一部。

ニュース 2008.05.26
マスプロ、高性能で多機能なレベルチェッカー2機種を発売

マスプロ電工(株)は、7月中旬より地デジ受信や改修工事等に活用できるデジタルレベルチェッカー(信号レベル測定器)2機種を発売する。発売されるのは、「LCN3」「LCN3A」の2機種。
「LCN3」は、VHF・UHF・BS・CS・ケーブルテレビのデジタルテレビ信号を測定でき、「LCN3A」はそれに加え、ケーブルテレビの通信帯域(10?55MHz)も測定できる。両機種とも同社独自の「地デジ受信確認マーク機能」(特許出願中)を搭載し、BER(ビット誤り率)、MER(変調誤り率)値も新たに測定できるよう高精度化が図られている。

ニュース 2008.05.23
「通信産業動態調査」速報発表。ケーブルテレビ14.0%増に

総務省は08年4月に実施した「通信産業動態調査」の速報結果を発表した。
同調査結果によると、通信産業全体の07年度第4四半期の売上高は、対前年度同期比で2.8%の減少となった。しかし、ケーブルテレビ事業は14.0%の増加。電気通信事業は3.0%下回り、放送事業が1.6%下回り、民放事業は2.5%減少した。通期では通信事業全体が1.1%の減少となり、電気通信事業は0.9%、放送事業も2.6%(民放は3.1%)のマイナス。ケーブルテレビは通期でも5.6%増加した。

ニュース 2008.05.23
ニューズ・ブロード、(「FOX HD」8月1日放送開始

ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン(株)(東京・渋谷区、小泉喜嗣社長、以下NBJ)は、J:COMのデジタル放送サービス「J:COM TV デジタル」において、8月1日より、NBJが提供するアメリカン エンターテインメント チャンネル「FOX HD」の放送を開始する。
海外ドラマ・エンターテインメントチャンネルの「FOX」をハイビジョン化し、ハリウッドクラスのコンテンツを高品質の映像で提供することで、さらなる商品力強化と顧客満足度向上を図る。

ニュース 2008.05.21
NNS、J:COM緊急地震速報サービス開始

(株)日本ネットワークサービス(山梨・甲府市、信田一信社長、以下NNS)はJ:COM型の緊急地震速報サービスを6月1日(日)より提供することで合意した。
同サービスは、気象庁が提供する「高度利用者向け緊急地震速報」を利用したもので、NNSへのサービス提供にあたっては、アットネットホームと(株)ジェイコムテクノロジー(東京・港区、山口舜三社長)が共同で行う。

ニュース 2008.05.21
J:COM、「募金 オン デマンド」で救援金受付開始

(株)ジュピターテレコム(東京・港区、森泉知行社長兼CEO、以下J:COM)は、ミャンマー・サイクロンおよび中国・四川大地震での被災者に対する支援を目的とし、「募金 オン デマンド」と「ジェイコムショップ」で救援金の受付を開始する。
「募金 オン デマンド」の受付期間は5月23日(金)12時?6月30日(月)24時まで。募金単位は105円、525円、1,050円、3,150円から選択(税込/24時間視聴あたり)。集まった募金は、J:COMを通じて日本赤十字社に届けられ、現地での支援活動に活用される。

ニュース 2008.05.20
松下電器、HDD内蔵STB発売開始

松下電器産業(株)(大阪・門真市、大坪文雄社長)は、CATVデジタルセットトップボックスの新ラインナップとして、既存HDD内蔵モデルの容量を倍増したHDD内蔵CATVセットトップボックス計3機種を6月から販売開始する。
新ラインナップは、「TZ-DCH 3000」「TZ-DCH 3800」「TZ-DCH 3810」の計3機種。
同シリーズは、既存機種の2倍となる容量500GBのHDDを搭載し、HD放送のデジタル録画や長時間録画(約46時間)のほか、地上・BS・CATVデジタル放送チューナーを2機搭載しているため、2番組同時録画も可能。
「TZ-DCH 3000」と「TZ-DCH 3800」は、DOCSIS2.0相当のケーブルモデムを内蔵し、「TZ-DCH 3800」は100BASE-TXのLAN端子を搭載しているため、各ケーブル局のサービス状況に合わせて利用できる。
電子番組表の高精細表示などに加え、パナソニックの「ビエラリンク」機能も搭載し、テレビリモコンでSTB操作が可能となる。HDMIケーブルを使えば、フルデジタルで高画質・高音質にテレビと接続できるほか、省電力設計により、電源回路を効率化させ待機時消費電力を0.1Wに抑える機能がある。

ニュース 2008.05.19
シャープ「AQUOS」が「アクトビラ ビデオ・フル」対応可能に

(株)アクトビラ(東京・港区、大野誠一社長)では、7月1日(火)より発売予定の「AQUOS」プレミアムRシリーズ3機種が、アクトビラが提供するデジタルテレビ向けVOD映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」に対応となることを発表した。
すでに同サービスを利用できるデジタルテレビ関連機器は、パナソニック「ビエラ」7機種、ソニー「ブラビア」26機種(関連機器含む)、東芝「レグザ」9機種(6月中旬発売予定含む)、日立「Wooo」3機種(6月上旬発売予定含む)で、今回の3機種と合わせ、計5メーカー48機種が同サービス対応予定となる。

月別お知らせ一覧

2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会