お知らせ

イッツコム、下り最大160Mbps、DOCSIS3.0に準拠ARRIS C4 I-CMTSの採用

2008.05.09

イッツ・コミュニケーションズ(株)(東京・渋谷区、渡辺功社長、以下イッツコム)は、08年10月より開始予定の下り最大160Mbps、上り最大10Mbpsの超高速インターネット接続サービス「かっとびスーパーワイド(仮称)」を東京、神奈川の全サービス地域で提供を行うにあたり、北米標準仕様であるDOCSIS3.0に準拠しているARRIS C4 I-CMTSを採用することを決定した。
同ソリューションの導入により、下りの高速化だけでなく、IPv6やDOCSIS3.0でサポートされる機能、プライマリー電話とビジネス用データ通信、ビデオ共有配信などのサービス追加も、ヒットレスアップグレードによりサービスに影響を与えずに、希望時期に合わせて提供を開始することが可能となる。
同ソリューションを提供するARRISは、米国ジョージア州アトランタを拠点とし、世界各国の一般家庭やビジネスユーザーにトリプル、クアドロプレイのブロードバンドサービスを提供するための技術の設計、エンジニアリング、提供に特化したグローバルな通信技術カンパニー。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会