お知らせ

SCN、ハイビジョン対応版コミネットサービスを開始

2008.05.09

ケーブルテレビ局向けにコミネットサービスの提供を行なっている(株)サテライトコミュニケーションズネットワーク(鳥取・米子市、高橋宏之社長、以下SCN)は、HD対応版のサービス「コミネット+(プラス)」を6月1日より開始する。
コミネットは、専用端末をケーブルテレビ局のヘッドエンドに設置し、ネット回線を通じて情報、作業代行などさまざまなアプリケーションを提供するSCNの独自サービス。
同サービスの開始にあたり、SCNはHD入出力、HD映像のDVE圧縮、画像合成を1台で処理し、低コストで安定した運用を実現できる新端末「COSMO5000」を専用開発した。同端末は、外部トリガー(特定の信号による起動)に対応したことにより、緊急情報の発生時にアラーム音の合成、指定のレイアウトへの自動切り替えが可能となったことが特徴。
「COSMO5000」はすでに、知多メディアスネットワーク(株)(愛知・東海市、磯部正司社長)と横浜ケーブルビジョン(株)(神奈川・横浜市、高橋伸隆社長)が先行導入し、放送サービスに利用している。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会