お知らせ

「第7回CATV技術選奨」受賞者が決定。3名受賞

2008.06.10

日本CATV研究会(事務局:(財)NHK放送研修センター研修事業部内)は、CATV技術選奨選考委員会を6月6日(金)に開催し、ケーブルテレビ業界の発展に技術面で貢献した人物に贈る「第7回CATV技術選奨」の受賞者3名を選出した。
授与式は、「ケーブルテレビショー2008」の開催に合わせて、開幕2日目の6月20日(金)午後4時より、東京ビッグサイト東館2階で行う。受賞者は次の通り。
▼久保田精一((株)横浜テレビ局お客様サービス部部長)
選奨理由:アンサーナビを活用し、社内の業務改善を図ると共に、その成果を他のケーブルテレビ事業者に公開、普及に積極的に努めた。
▼目次真司((株)メディアトーク社長)
選奨理由:双方向告知通信システムを開発、安心情報や自治体情報等のコンテンツを制作し提供するなど、ケーブルテレビ加入者の利便性向上に大きく貢献した。
▼安高徳仁氏(多摩ケーブルネットワーク(株)IP事業課主任)
選奨理由:ケーブルインターネット回線を活用して流合雑音に迅速・的確に対応するノウハウを全国のケーブルテレビ事業者に広め、成果をあげた。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会