お知らせ

Dpa、暫定的難視対策衛星放送の利用受付を開始

2010.01.29

(社)デジタル放送推進協会(Dpa)は、暫定的難視聴対策事業(送信・利用者管理事業)としての国からの補助金および放送事業者(NHK・民放)による負担金により、「地デジ難視対策衛星放送」を実施する。地デジ難視対策衛星放送とは、地上アナログ放送が終了するまでに地上デジタル放送が送り届けられない地区の住民に対し、テレビを視聴できるよう、暫定的に衛星放送を利用して地上デジタル放送の番組を放送するもの。総務省および全国地上デジタル放送推進協議会により、地デジ難視対策衛星放送の対象となる地区および視聴できる放送番組等を示した「地デジ難視対策衛星放送対象リスト(以下ホワイトリスト)」が策定・公表された。これに伴い、Dpaでは、「地デジ難視対策衛星放送受付センター」を設け、ホワイトリスト掲載地区を対象に、利用の受付を開始した。なお、ホワイトリスト掲載地区住民には、順次、地デジ難視対策衛星放送利用の案内・申込書類を配布する予定だ。ホワイトリスト掲載URLは次の通り。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/dtv/zenkoku/whitelist/index.html

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会