お知らせ

NHK、データ放送による2次元コード生成技術を開発

2010.03.01

NHKは、デジタル放送とカメラ付き携帯電話を連携させて、地域に密着した「お知らせ」などの情報を伝送できる技術を開発した。 新技術は、データ放送の機能を活用して、2次元コード「QR コード」をテレビ画面に表示するというもの。それを視聴者がカメラ付き携帯電話で読み取ることで、ネット経由で番組に関連した情報が得られる。
今回の新技術により、 現在は地上デジタル放送のデータ放送で「夜間休日医療情報」や「災害時の避難所情報」を伝えているが、今後は、近くの診療所や避難所の地図を簡単に入手できるようになる。
NHKは、この新技術を使った具体的なサービスを検討するとともに、デジタル放送受信機と携帯電話などを連携させた新たな放送通信連携サービスの研究・開発を推進しく方針だ。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会