お知らせ

ケーブル連盟、新理事長に西條温氏就任

2010.05.19

日本ケーブルテレビ連盟は5月19日(水)、唐澤理事長はじめ理事4名の辞任と、新任理事候補者4名を発表した。辞任理事および新任理事候補者は次の通り。
<辞任>
・唐澤俊二郎 理事長
・石橋庸敏 副理事長 専務理事
・高橋伸隆 副理事長
・井上惠悟 常務理事 事務局長
<新任理事候補者>
・ 西條 温 住商情報システム(株)特別顧問
・近藤一朗 ジャパンケーブルネット(株)代表取締役社長
・河村 浩 イッツ・コミュニケーションズ(株)代表取締役会長
・築島幸三郎 ひまわりネットワーク(株)理事
唐澤理事長は辞任に当たり次のように挨拶した。「大きな時代の変わり目の時期に、辞任させていただくことになるが、後任として推薦するのは、ケーブルテレビや情報通信の世界に長年携わられ、人格・識見・手腕共に万人の認める、住友商事の元副社長の西條温氏である。西條氏は昨年6月に、連盟顧問に就任されて以来、全国各支部を積極的に行脚し、数多くの会員と交流されている。ケーブルテレビは今や全国9割をカバーし、加入者も5割近くに達しているが、来年はいよいよ地デジへの完全移行を控え、通信・放送の融合、有線・無線の融合が進展し、競争も激しくなるなど、まさにポストデジタルの転変激変の時代に入る。この時期に『アナログの唐澤から、デジタルの西條へ』バトンタッチできたことをうれしく思う」。
なお、新任候補者4名は、6月10日(木)に開催される通常総会において選任され、役職が決定する。新任者の任期は、前任者の残任期間(1年間)とされている。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会