お知らせ一覧

2012年10月のお知らせ一覧(全4件)

ニュース 2012.10.23
「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー2012」の開催概要が決定しました。

「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー2012」の開催概要

  今年は、12月13日(木)に東京・日比谷の「日本記者クラブ」で 開催致します。
基調講演は、「大競争時代のケーブルテレビビジネス」と題して
 総務省・情報流通行政局長・吉崎 正弘様にお願いしています。
只今、今年度の受賞者の最終選考中です。

CRIフォーラム 2012.10.23
第110回CRIフォーラムのご案内です。

*講師変更*
パート①として「気象庁による『地震津波防災対策』への取組み」を予定していましたが、講師の都合により延期となりましたのでご案内申し上げます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【第110回 CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成24年11月8日(木) 午後2時30分~5時30分
会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)
    東京都千代田区内幸町2-2-1電話:03-3503-2721
講 師
①一般財団法人マルチメディア振興センタープロジェクト企画部 担当部長・小林 正幸氏
②㈱ケーブルテレビ可児 地域情報部 制作課 加地 和歌子氏
会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円       
      *終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

******************************************

今回は以下のテーマで開催致します。

「ケーブルテレビによる『防災・災害情報』サービス」

別項:CRI活動提案

「ケーブル『スマートTV』サービス研究会」(案)の発足にあたって

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」を契機に、国や自治体、企業、メディア等に
おいて「防災や災害対策」に関する見直しや新たな対策が始まっています。
また、地震や津波だけでなく、台風や自然災害においても、これまでの「想定」を大きく超える
被害が発生するなど、地球規模で対策が求められています。

そこで、第110回CRIフォーラムでは、「ケーブルテレビによる『防災・災害情報』サービス」
と題して2つのテーマで開催致します。

パート①:地域の安心・安全を支える「公共情報コモンズ」の取組み 

講師:一般財団法人マルチメディア振興センター  プロジェクト企画部 担当部長 小林 正幸氏

方自治体(市町村)や公共機関が保有する自然災害(地震や風水害)や、「安心・安全」に係る情報をデータベース化し、自治体間で協同利用するとともに、そのデータを公共機関やメディア等に提供するサービスが「公共情報コモンズ」です。 これは、総務省が推進する「災害等に関する情報共有の社会基盤」として運営されているもので、多くの自治体やメディア(ネット事業者)が参加(利用)しています

そこで、パート①では、マルチメディア振興センター プロジェクト企画部・担当部長の小林正幸氏をゲストに、「公共情報コモンズ」の機能とケーブルテレビ局等における利用促進の取組みについて解説をいただきます。

 パート②:ケーブルテレビ可児の「災害放送サービス」への取組み
    講師:㈱ケーブルテレビ可児 地域情報部 制作課 加地 和歌子氏

平成22年7月と、翌年の8月、9月に連続して3回も「集中豪雨」が発生した岐阜県可児市
(周辺)は、これまで、ほとんど大雨や台風などの「気象災害」に縁のなかったエリアだけに
大きな災害を発生させました。
これをきっかけに「災害放送サービス」の充実に取り組んでいるのがケーブルテレビ可児です。

そこで、パート②では地域情報部 制作課の加地和歌子さんをゲストに、
これまで、「災害放送」を実施した経験のない局が、どのように体制を強化し、消防や警察、
行政などの自治体との連携を構築したのか?また、WiMAXや中継無線などの災害ネットワークを
どう整備したのか等々、同社が「災害放送サービス」を整備するまでの課題と、どうそれを
解決したのかについて報告いただきます。

別項:CRI提案「ケーブル『スマートTV』サービス研究会」(案)発足にあたって

CRIでは、今年の活動計画として「スマートTV時代を見据えた新たな研究会の発足」を
検討して来ましたが、ここにきて「ひかりTV」の次世代STB(来春登場)によるIPTV
サービス(放送以外のサービス強化)の充実や、ソフトバンクによる「スマートTV」
(専用端末やアプリを無償提供)ビジネスへの参入などが相次いでいます。

そこで、ケーブルテレビの「スマートTV」や「C.OTT」サービスの可能性について、ケーブルテレビ
事業者や関係者による「研究会」の発足を計画しています。つきましては、CRIフォーラムの
別項として「研究会」(案)の概要につきましてご報告させていただきます。

ニュース 2012.10.18
第109回CRIフォーラムを開催しました。

【第109回 CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成24年10月16日(火)午後3時00分~4時30分

会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)

東京都千代田区内幸町2-2-1電話:03-3503-2721

 

【テーマ】

 「J:COMさいたまにおける解約防止戦略」

講 師: ㈱J:COMさいたま 代表取締役社長 氏本 祐介氏

会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円

      *終了後懇親会を開催しました(参加自由:5千円)

CRIフォーラム 2012.10.01
第109回CRIフォーラムのご案内です。

【第109回CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成24年10月16日(火)午後3時00分~4時00分

会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F Aホール(日本記者クラブ)
http://www.presscenter.co.jp/access.html

会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円
*終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

今回は、以下のテーマで開催いたします。

「J:COMさいたまにおける解約防止戦略」

 講 師:㈱J:COMさいたま 代表取締役社長 氏本 祐介氏

BSデジタルのチャンネル増加をはじめ、NTTや新たな通信事業者による映像配信サービスの台頭など、ケーブルテレビビジネスは本格的な競争時代を迎えています。
また、スマホやタブレット端末、スマートTV等の登場は、放送・通信サービスの概念を大きく変えようとしています。
 
こうした時代の流れに対応する一方で、ケーブルテレビの「解約防止」対策は、事業者にとって大きな課題です。

解約の理由は様々ありますが、基本的な要因としては

①    引っ越し等の物理的条件
②    サービス内容に対する不満
③    ケーブルテレビ会社の対応に対する不満
④    機器の使いづらい事に対する不満
⑤    何となく(他社サービスに対する魅力)

・・といったところが挙げられます。

こうしたはっきりした要因に関しては対応も可能ですが、⑤の「何となく」という理由に関しては対処が難しいのが現状です。そのためには「ケーブルテレビに加入している事の理由」や「魅力」をできるだけ多く、加入者に抱かせる事が重要です。

また、「ケーブルテレビに加入している事の理由」や「魅力」をどう打ち出すかは、ケーブルテレビ各局に共通した課題であり、ビジネス(サービス産業)の根源的テーマでもあります。
その意味では、各局がどうケーブルテレビの「魅力」を打ち出しているのか、また、どんな「解約防止対策」を取っているのかを知ることは重要です。

そこで、第109回CRIフォーラムでは「ケーブルテレビ局の解約防止」をテーマに、「J:COMさいたまにおける解約防止」の取組をお聞きします。

月別お知らせ一覧

2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会