お知らせ

第102回CRIフォーラムのご案内

2012.02.01

【第102回 CRIフォーラム開催概要】

 日 時:平成24年2月27日(月)午後3時00分~5時00分
 会 場:東京・日比谷プレスセンタービル9F(日本記者クラブホール)
                 http://www.jnpc.or.jp/section1/shisetsu.html#map

 講 師:デジタルメディアコンサルタント 江口 靖二氏
       会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円
     *終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

第102回のCRIフォーラムでは

「スマートTV」の登場とケーブルテレビ業界へのインパクト 

NHK+民放5局のネット配信サービス「もっとTV」(スマートTV)の登場はテレビビジネスをどう変えるのか?そしてケーブルテレビ業界への影響は?  と題して開催致します。

いよいよ日本において、ネットで通常テレビ番組が視聴できるサービス(「もっとTV」)がスタートします。これは、民放5局と電通が計画していたネット配信サービス「もっとTV」(案)にNHKも参画することが決まったもので、実用化されれば、視聴者はネットに接続したテレビ1台で通常の放送番組と、ネット配信される6局の過去番組が視聴可能となります。

今回、各局がこうしたサービス開始に踏み込んだ理由は、年々増加しているネット動画の視聴者を取り込むことで、テレビ離れを食い止めたいと言う思いがあるのと同時に、今後、各メーカーから発売される「スマートTV」の登場を見込んでいることは言うまでもありません。
今年1月に、米ラスベガスで開催された「CES」では、ソニーや韓国サムスン電子の「スマートTV」が大きな注目を集めており、今後「スマートテレビ」は、「iPod」や「スマホ」に次ぐ第3のデジタル端末として世界的なヒットの兆しを見せています。そこで、「第102回CRIフォーラム」では、デジタルメディアコンサルタント(日経BP特派記者)の江口靖二氏をゲストに迎え、「『スマートTV』の登場(テレビの視聴スタイルの変化)が果たすケーブルテレビ業界への影響」について解説をいただきます。

これまで、日本(米国も含めて)の放送事業者は、ネット配信に対しては慎重な姿勢を見せており、番組配信の許諾は厳しいのが実情でしたが、「スマートTV」の登場はこうした垣根を突破させる可能性を秘めているだけに、フォーラムでは「ケーブル業界に与える影響」を考えます。
 

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会