お知らせ

第106回CRIフォーラムのご案内

2012.06.28

【第106回 CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成24年7月23日(月)午後2時00分~5時00分

会 場:東京・日比谷プレスセンタービル9F(日本記者クラブ)http://www.presscenter.co.jp/access.html

会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円

    *終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

 

今回は以下のテーマで開催致します。

ケーブルテレビによる「ホームネットワーク、ホームコントロールビジネス」を考える
-CATV網を使った電力監視、セキュリティ、健康管理等のホームネットワークサービス-

 講 師(パネルデスカッション)

㈱東京エネシス 新規事業促進センター長 中村 康次氏
NPO法人M2M研究会 副理事長 飯田 秀正氏
㈱ユビキタス ビジネス開発部長 長谷川 聡氏
オーエスエスブロードネット㈱ 代表取締役社長 宮副 英治氏
 
IT技術の進化で、家庭内の様々な家電製品や情報機器がネットワークでコントロールされる時代がやってきました。また、こうした機器のコントロールや稼働状況が、スマホやタブレット端末、デジタルテレビ(スマートTV)で表示されることも確実です。

こうしたホームコントロール、ホームネットワークサービスの中で、逸早く実現されつつあるのが「電力の見える化」であり、今後は、ガスや水道監視、見守り・セキュリティ、健康管理・・など、様々なサービスが計画されています。

また、こうしたサービスを可能とさせるシステムが「M2M」や「Wi-Fi Direct」であり、パソコン等を介さずに、直接、機器と機器が無線で接続されるなど、これまでにない新たな利用シーンが生まれつつあります。

そこで、第106回CRIフォーラムでは、「CATV網を使った電力監視、セキュリティ、健康管理等のホームネットワークサービスを考える」と題して、これらサービスのビジネススキームをどう確立するか?また、それを可能とさせるシステムや最新の無線技術を搭載したの機器の開発状況について考えます。

また、ケイ・オプティコムやNTT東日本のサービス概要や、経済産業省の政策「(HEMS:家庭内のエネルギー管理システム)・BEMS:建築物のエネルギー管理システム)導入促進事業補助金」等も検討しながら、ケーブルテレビサービスとしてのビジネススキームを考えます。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会