お知らせ

第114回CRIフォーラムの開催案内です。【最終案内】

2013.04.03

【第114回 CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成25年4月23日(火)午後3時~5時
会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)
テーマ:①本サービスを開始した、三原テレビ放送の「買物支援サービス」
     講 師:三原テレビ放送㈱ 部長 中村 勝氏
テーマ:②ケーブルテレビによるペットビジネスを考える
講 師:㈱チェリッシュライフジャパン
 代表取締役 西野 高秀氏、 院長 三宅 亜希氏
     ジャパンケーブルキャスト㈱ 放送プラットフォーム事業本部長 髙木 博純氏
会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円
      *終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

************************************

今回は、以下のテーマで開催致します。

【PART―Ⅰ】

「買物支援サービス」は、ケーブル局のビジネスとなりうるか?
本サービスを開始した、三原テレビ放送の「本音」を聞く
   講 師:三原テレビ放送㈱ 部長 中村 勝氏

三原テレビ放送㈱が「おつかいテレビ」(買物支援サービス)を開始して5カ月が経過しました。
昨年11月に4.8万円からスタートした「おつかいテレビ」は、翌12月には40万円を超え、1月には
30万円、2月には40万円と好調です。

60件(無償でSTBを配布)してスタートしたサービスは、現在は300件まで拡大しており、
利用世帯の増加とともに売上金額の伸びが確実視されています。

また、このサービスはケーブルテレビの「地域貢献活動」としてスタートしたもので、「おつかいテレビ」の機能を活かした「高齢者の生活支援」や「地域のお困りことお助けサービス」としても利用されています。

そこで、第114回CRIフォーラムでは、三原テレビ放送㈱の中村氏をゲストに、
① 開始するまでの体制をどう作ってきたのか?
② 出店事業者との調整やデリバリー、課金等の決済システムの構築は?
③ サービス開始前・後の認知や広報活動、利用者の確保をどう進めてきたのか?
④ 販促活動とマーチャンダイジング等の体制作りは?
⑤ 「おつかいサービス」を使ったの「高齢者の生活支援」サービスの展開は?
⑥ ケーブルテレビの優位性と他メディアとの連携をどう進めているのか?
⑦ ケーブルテレビが取組む事業としての収支バランスをどう考えるか?
 ・・など、約半年を経過した買物サービスの「本音」についてお聞き致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【PART―Ⅱ】    
ケーブルテレビによるペットビジネスを考える「ペットの健康相談ダイヤル」(会員制電話動物病院「Anicli24」の展開

講 師:㈱チェリッシュライフジャパン 代表取締役 西野 高秀氏、 院長 三宅 亜希氏
     ジャパンケーブルキャスト㈱放送プラットフォーム事業本部長 髙木 博純氏    

一般社団法人ペットフード協会の調査によれば、現在、日本では2200万頭ものペット(犬猫)が飼育されており、ペット保険、ペットケア用品、衣料品などの雑貨を加えると、推定で1兆円は超えているといわれています。

これ以外に、ペットと一緒に泊まれるホテルやフィットネス、エステ、レストラン、マンションなど、ペット関連のサービス消費も伸びており、ペット産業は今後、放送(ケーブルテレビも含めて)や住宅、自動車、電器、医療、教育機関等々との連携が進むだろうと思われます。

そこで、CRIフォーラム「PART―Ⅱ」では、(株)チェリッシュライフジャパンが取り組んでいる、「ペットの健康相談ダイヤル」(会員制・電話動物病院「Anicli24」)について解説いただきます。

また、ジャパンケーブルキャスト(株)では、同社の「ペットの健康相談ダイヤル」をケーブルテレビ局向けの「B2B2Cビジネス」として提供しており、ケーブル局ではこのサービスを「販促」や新規加入の営業ツールとして活用しています。

そこでCRIフォーラムでは、(株)チェリッシュライフジャパンとジャパンケーブルキャスト(株)の実務者をゲストに迎え、ペットに関する「B2B2Cビジネス」を考えます。
   

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会