お知らせ

第116回CRIフォーラム開催のご案内です。

2013.07.01

【第116回 CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成25年7月18日(木)午後3時00分~5時00分
会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F
会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円  
*終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

*******************************

今回は2つのテーマで開催致します。

PART-Ⅰ

仙台CATVの「第4のサービス」

「ホームセキュリティの可能性」と「NET―TVへの挑戦」を聞く

講 師  仙台CATV㈱ 営業統括部長 日高 邦明氏

PART-Ⅱ

OTTは脅威か機会か・・。

「BroadcastAsia2013」視察で見えてきたアジアの「スマートTV &OTT」ビジネス環境

講 師  東京ケーブルネットワーク㈱ 執行役員/㈱J.COTT 代表 遠藤 昌男氏

【PART-Ⅰ】

仙台CATVの「第4のサービス」 「ホームセキュリティの可能性」と「NET-TVへの挑戦」を聞く

「放送・通信」に次ぐケーブルテレビの新たな(第4)サービスとして、地域の「安心・安全」サービスが注目されています。

仙台CATVは、「地域密着サービスの充実」と「インターネットの利用拡大」を目的に、「ホームセキュリティサービス」を展開しており、2年前からは、仙台市に隣接する「名取市」の集合住宅(2000世帯)に、ケーブルテレビとセキュリティが「一体となったサービス」を実施しています。

「インターネットの利用拡大」の取組みとしては、コミチャンVODサービス「NET-TV」も運用しており、「セキュリティ&コミチャンVOD」による「第4のサービス」を実践しています。

そこで、第116回「CRIフォーラム」では、

1.クワトロサービスとしてのホームセキュリティ

2.団地への導入、面で行うセキュリティサービス

3.ビジネスとしての可能性と課題

4.なぜNET―TV(コミチャンVOD)なのか?

5.イベント/震災情報におけるNET利用

6.メディアミックスとしての展開は?    

など、仙台CATVの新規ビジネスへの「挑戦」をお聞きします。

【PART-Ⅱ】

OTTは脅威か機会か・・。「BroadcastAsia2013」視察で見えてきた

アジアの「スマートTV&OTT」ビジネス環境の報告

CRIでは、6月18~21日にかけて、シンガポールで開催された「BroadcastAsia2013」を視察しました。

会場は、2Kや4Kの放送システム(カメラ、編集機器、サーバー)に加えて、IPTVやスマートTVなどのネット配信ベンダーやアプリ事業者が多数出展しており、「OTT」や「コネクテッドTV」など、新たな映像配信のプラットホームやマルチスクリーンサービスに関するテクノロジーが紹介されていました。

また、早くも「OTT2.0」のコピーが掲示されており、「OTTはモバイルやPC、タブレットで視聴する時代(1.0世代)から、ファミリー(子供や女性、高齢者など)がテレビを通じてOTTを視聴する時代に入っており、アジアにおけるOTTマーケットは、2015年には2000億市場にまで拡大するだろう」と予測しています。

そこで、第116回「CRIフォーラム」では、

「BroadcastAsia2013」の視察報告を行います。

また、デジタルTV向け「OTT」ビジネスを手掛けるWOWTV(M2B)のビジネスモデルを紹介します。

会場では「OTT Threat or Opportunity?(OTTは脅威か機会か?)と題した雑誌が配布されており、 「放送事業者にとってのOTTは『脅威』だが、ケーブルテレビ事業者にとってのOTTは『機会』である」と記されています。

また、WOWTVアジアの代表者も、「OTT事業者にとっての競争相手はケーブルTV局だが、ケーブルTV局がOTTサービスを開始するならば最強のサービスとなるだろう」と指摘しています。

そこで、J.COTTの代表でもある遠藤氏には、「会場視察とM2B」訪問を通して見えてきた、ケーブルテレビによる「OTTサービス」について報告をいただきます。

 *「M2Bワールド・アジア・パシフィック」(米国系ベンチャー企業)

06年から、アジア地域でオンデマンドとブロードバンド・チャンネルのプロバイダーを実施。10年からは、サムソンやLG電子、パナソニック、ソニーのデジタルテレビを介して、「OTTプラットホーム」(WOWTV)サービスを提供している。サービスの主体は、マレーシア、韓国、中国、日本で、現在のユーザーは120万(内、22万がシンガポール市場)。サムソンのデジタルテレビは世界130各国で発売されており、物理的には全世界がマーケットである。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会