お知らせ

第117回CRIフォーラム開催のご案内です。

2013.08.07

【第117回 CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成25年8月21日(水)午後3時00分~5時00分
会 場:東京・日比谷プレスセンタービル9F宴会場
会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円
*終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

*******************************

今回は2つのテーマで開催致します。

宇都宮ケーブルテレビの「地域力」ビジネスを聞く -通販サイト「あるよ」、電子書籍「星の砂」文庫等の実践-

講 師:宇都宮ケーブルテレビ㈱ 取締役総務部長 加藤 靖氏

現在、ケーブルテレビ各社では、地域産業の活性化戦略として、「地域力」をテーマとした新たなビジネスに取り組んでいます。 

そうした中で、宇都宮ケーブルテレビでは早くから地域産業との連携化を進めており、10年程前から、地元事業者と「通販」関連のビジネスに取り組んでいます。

そして、2年前から本格的に「通販ビジネス」を手掛けており、現在では年商5000万円を達成しています。 

そこで、第117回「CRIフォーラム」では、取締役総務部長の加藤靖さんをゲストに迎え、

①「あるよ」・・・を始めるに至った経緯

②実際、どのように「地元店舗」と交渉を進めたのか?

③出展交渉から、オーダー、決済、デリバリーなどの体制はどのようにしてきたのか?

④クレームや、出展数の確保等、ご苦労されたポイントは

⑤新規ビジネスに対する社員のスキーム、モチベーションアップはどのように図ってきたのか?

⑥現在の「社内体制」やビジネスとしての確信はどのようにして得られたのか(3年後2億目標)

⑦電子書籍「星の砂」(ケータイ・ネット小説)の取組みや関連会社(IT関連学校)との連携等は?

⑧高齢者対応サービス、地域の安心・安全サービスへの取り組みは? 

など、宇都宮ケーブルテレビの「地域力」への取り組みをお聞きします。

PART-Ⅱ

地域ITベンチャー企業が考える  地域コンテンツを使った新たなビジネスモデルの実践

講 師:㈱デジコンキューブ 代表取締役 岩瀬 義和氏(山形県デジタルコンテンツ利用促進協議会事務局長)

これまで、地域情報(映像)の配信は、「テレビ局」や「ケーブル局」でしかできないサービスでしたが、通信インフラの整備により、地域においても、「デジタルコンテンツの制作と流通」が可能となり、地域から直接、世界に向けての映像配信ビジネスが行われています。

また最近では、地元のテレビ局やケーブルテレビ局が、これらの「地域ITベンチャー」と連携して、新たな視点での番組づくり(ネット活用)を行っています。

そこで、本フォーラムでは、㈱デジコンキューブ代表取締役の岩瀬義和さんをゲストに迎え、ケーブルテレビとの連携による地域社会づくり、地域産業の活性化について提案をいただきます。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会