お知らせ一覧

2014年2月のお知らせ一覧(全5件)

CRIフォーラム 2014.02.27
第123回CRIフォーラム開催のご案内です。

【第123回CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成26年3月18日(火)午後3時30分~5時30分 *開始時刻にご注意ください。

会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)

会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円 *終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

*******************************

今回は以下のテーマで開催致します。

【パネルディスカッション】

「魅力ある地域の創造とケーブルテレビの役割」

行政+地域資源(観光・物産)+ケーブル局連携による地域力創造の取組(実践)を考える-

 

講師【パネラー】

総務省 自治行政局 地域力創造グループ 企画係長 高橋 範充氏  (地域自立応援課企画係長/定住自立圏推進係長)

㈱うぶすな 代表取締役社長 吉井 靖氏(内閣府地域活性化伝導師、総務省アドバイザー)

立命館大学 映像学部 客員教授 峯岸 稔治氏(ケーブルテレビ ビジネスコンサルタント)

 

今、ケーブルテレビの役割は、地域における「放送・通信」事業者から、地域における「生活関連情報全般」を提供する“サービス事業者”へと、その役割が大きく変貌しつつあります。

また、観光や物産などの「地域資源」の発掘を通して、地域市場の拡大を図るなど、「魅力ある街づくり」や「地域創造」の担い手としての役割も大きく期待されています。

そこで、第123回CRIフォーラムでは、「魅力ある地域の創造とケーブルテレビの役割」をテーマに、行政+地域資源(観光・物産)+ケーブル局連携による「地域力創造」の取組を考えます。

今回は、総務省(自治行政局)・高橋氏、㈱うぶすな・吉井氏、立命館大学教授・峯岸氏の3氏を講師にお招きし、パネルディスカッション方式で実施致します。

総務省の高橋氏は、自治行政局が進める「定住自立圏構想」の担当者で、地域力創造グループ企画係長として、「地域の再生・創造」プロジェクトを推進(計画決定)しています。

「定住自立圏構想」とは、中心市と周辺市町村が相互に役割分担し、連携・協力することにより、圏域全体として必要な生活機能を確保することを目的とした制度で、医療や福祉、教育、産業振興、環境などの「生活機能の強化」と、交通インフラ、ICTインフラ整備・利活用 地産地消、交流移住など、「市町村間の結びつきの強化」を進めるもので、これらの機能やサービスを「安定的に提供する事業者」に対し支援を行うという内容です。

そこで、ここでは、自治行政局が進める「地域力創造施策」(安定自立圏構想)の概要と、これらの支援策をどうケーブルサービスに活用するか?など、既存プロジェクト(支援事業)の紹介を通じて、制度の利活用を考えます。

㈱うぶすな・吉井氏は、「内閣府地域活性化伝導師」や、「総務省アドバイザー」として、数多くの自治体や商工会と連携し、「地域活性化のためのシナリオ」(実行計画)作りを支援しており、最近では、秋田県や山形県、石川県、新潟県、岐阜県下のケーブル局やIT事業者と連携し、「地場産業の国内外への発信と観光資源の活性化」など、「地域コンテンツを活かした地域創造プロジェクト」を数多く手がけています。

そこで、ここでは、「ICTを活用した地域の再生、活性化プロジェクト」にケーブル局がどのようにかかわって行ったらよいのか?また、「魅力ある街づくり」や「地域創造」を通して、どうケーブルテレビの新たなビジネスを創っていくか?についてもお聞き致します。

立命館大学の峯岸氏は、「地域活性化プロジェクトに積極的に関わることがケーブルテレビの新たなビジネスを生む」を標榜しており、秋田、栃木県下のケーブル局と連携し、CATV網を活用した在宅医療や買い物支援、エリアマーケティングを積極的に進めています。

一方で、こうしたプロジェクトを進めるには、行政や地元商工会との連携が重要で、如何に彼らを巻き込むか?また、ケーブル局自身の意識改革も大事だと指摘しています。

そこで、ここでは、ケーブル局の観点から「地域」(街づくり)というテーマにどうかかわっていくか、課題や具体的な事例を基に提案をいただきます。

現在、ケーブルテレビ各社では「地域力」をテーマに、これまでに増して「地域との関わり」を積極的に進めています。しかし、「魅力ある地域の創造」というテーマの前には、なかなか成果が出ないのも事実です。また、ケーブルテレビ局として、どこから関わったら良いのだろうか?とい意見もあります。

そこで、今回のCRIフォーラムでは、「魅力ある地域の創造とケーブルテレビの役割」という大きなテーマの下に、ケーブルテレビ局(業界)自身の、5年、10年先の未来、ビジョンを考えてみたいと思います。

スマートTV、IPTV、4K・・と、技術革新が生む新たなビジネスへの対応も重要ですが、「地域」でビジネスを育むケーブルテレビ局にとって、自社のインフラや人材を活用した「地域の創造」は重要なテーマと考えます。

ニュース 2014.02.24
第2回CRI「スマートTV&VODサービス」研究会開催しました

【第2回 CRI「スマートTV&VODサービス」研究会の概要】

日 時:平成26年2月21日 (金)午後3時00分~5時00分

会 場:東京・日比谷プレスセンタービル9F(日本記者クラブ)

内  容:

①米国・アジアにおける最新「IPVOD」サービスの概要と、DRM、IPVODの配信環境について

講 師:米国ベリマトリックス社 リンカーン オーウエンス氏

Lincoln Owens:Verimatrix Sales Director, North Asia

②その他(意見交換)

参加費:CRI会員5千円(1名)・非会員1万円(同)/回

CRIフォーラム 2014.02.21
第122回CRIフォーラムを開催しました

【第122回CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成26年2月20日(木)午後3時00分~5時00分
会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)
会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円
*終了後懇親会を開催しました(参加自由:5千円)

【パートⅠ】
NHK特番「里山資本主義」制作の現場から考える―。
地域力をどうケーブルビジネスに活かすか!!

講 師:NHK広島放送局 報道番組チーフ・プロデューサー 井上 恭介氏

【パートⅡ】
顧客満足の向上+売上拡大の切り札として注目される「ICTリモートサポート」の実際

講 師:株式会社アイテム  代表取締役 安川 正勝氏

ニュース 2014.02.10
第2回CRI「スマートTV&VODサービス」研究会開催のご案内

【第2回 CRI「スマートTV&VODサービス」研究会の概要】

日 時:平成26年2月21日 (金)午後3時00分~5時00分
会 場:東京・日比谷プレスセンタービル9F(日本記者クラブ)           http://www.jnpc.or.jp/section1/shisetsu.html#map

内  容:

①米国・アジアにおける最新「IPVOD」サービスの概要と、DRM、IPVODの配信環境について

講 師:米国ベリマトリックス社 リンカーン オーウエン氏
Lincoln Owens:Verimatrix Sales Director, North Asia

*DRM【Digital Rights Management】
デジタル著作権管理システム:デジタルデータとして表現されたコンテンツの著作権を保護し、その利用や複製を制御・制限する技術の総称。

 ②その他(調整中)

 参加費:CRI会員5千円(1名)・非会員1万円(同)/回

 

CRIフォーラム 2014.02.03
第122回CRIフォーラム開催のご案内です。

【第122回CRIフォーラム開催概要】

日 時:平成26年2月20日(木)午後3時00分~5時00分
会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)
会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円
*終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

*******************************

【パートⅠ】
NHK特番「里山資本主義」制作の現場から考える―。
地域力をどうケーブルビジネスに活かすか!!
―里山にはお金に換算できない大切な価値が眠っている・・・。番組「里山資本主義」の取材・制作を通して見えてきた「過疎の町の知恵」と「里山のチカラ(地域の底力)」について報告する―
 
講 師:NHK広島放送局 報道番組チーフ・プロデューサー 井上 恭介氏
*NHKスペシャルなどの報道番組の制作他、モンスター化する世界経済の最前線(「マネー資本主義」の限界)の取材など、経済の視点から、人々の文化や生活に関わるドキメンタリー番組を多数制作。2011年広島放送局に異動。

昨年シリーズで放送された、NHK番組「里山資本主義」(制作・NHK広島放送局)は、多くの経済界や財界人から高い評価を受けました。
 
番組(「里山資本主義」)は、これまで「過疎」「田舎」という視点から見過ごされてきた地域に生きる人々の知恵や暮らし、そして、そこから生まれる「商い」や「産物」「コミュニティ」などにスポットをあてたもので、里山の資源で地域が自立する姿や、お金に換算できない価値など、「里山」には21世紀の日本経済にとって大変重要な「資源」(金銭換算できる価値)が眠っていることを報告しています。
 
少し前までは、田舎は「不便」で、「暮らしにくい」代名詞として挙げられていましたが、今では、ネット(情報や通信、テレビ)や流通網の整備によって、都会の暮らしと変わらないばかりか、むしろ、自然と水と空気とおいしい食材に恵まれ、都会とは比較にならないほどの、ゆとりある生活を享受しています。
 
また、「里山資本主義」は人々のライフスタイルを大きく変え、「都会であくせくサラリーマンをやっているよりも、里山暮らしの方が、お金はないけど、はるかに豊かな生活を送っている」人々を多く紹介しています。
 
このように、里山(田舎・地方)には、人間が生きていくのに必要な大切な資源があり、お金に換算できない、大切な価値がある。そうした里山の資源をどう活かしていくか?ということを番組化したのが「里山資本主義」です。
 
そこで、第122回CRIフォーラムでは、「里山の資源を活かした経済再生」や「地域資源によるコミュニティの復活」の実態を1年半にわたって取材し続けたNHK広島放送局のチーフ・プロデューサー井上恭介氏をゲストに迎え、「里山資本主義」がもたらす経済・地域社会の変革について解説をいただきます。
 
合わせ、地域に基盤を置く「生活支援産業」としてのケーブルテレビの役割や「地域力」をどうケーブルビジネスに活かすかについても提言をいただきます。
 

【パートⅡ】
顧客満足の向上+売上拡大の切り札として注目される「ICTリモートサポート」の実際(調整中)
 
光りや無線によるブロードバンドの高度化は、スマートフォンやタブレット端末などの新たな製品を生み、これらの機器を使った多様なサービスが登場しています。一方で、ますます複雑・高度化する機能は、より操作性を複雑化しています。結果、これらの販売に当たっては「ITリテラシー」に長けたスタッフの強化等、サポート体制の充実が求められており、家電量販店では家電製品の販売と合わせて有料の「サポート窓口」を開設しています。
 
こうした対応はケーブルテレビ業界も同様で、次世代STBや新たな通信端末による「新規加入者の獲得」と合わせて、「IT端末の操作や設置などのお困り事」に対する対応が求められています。
すでにNTT他、通信キャリア各社は月額500円程度でサービスを実施している他、家電量販店では様々なメニュー(数千円から数万円)を用意して、新規収入の確保を進めています。
 
そこで、CRIフォーラムパートⅡでは、「顧客満足の向上」と「売上拡大の切り札」として注目される「訪問+ICTによるリモートサポートシステム」の実態を紹介致します。
合わせ、デモ操作を通して「リモートサポートシステム」の実際を体験致します。

月別お知らせ一覧

2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会