お知らせ

「CRI災害情報部会・拡大セミナー」開催のご案内です

2015.02.16

【CRI災害情報部会・拡大セミナー開催概要】

日 時:平成27年3月11日(水) 13:00~18:30
会 場:フォーリン・プレスセンター
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル6階
TEL:03(3501)3401 (代表) http://www.presscenter.co.jp/access.html

・参加費:災害情報部会員(無料)
CRI会員(非部会員)5千円、その他、一般参加1万円
*終了後の情報交流会は会場の都合で中止となりました。

*お申し込みは 次の案内PDFの出欠連絡通知にご記入の上、FAXかメールにてご返送頂くか、HP上の「セミナー・その他参加申込フォーム」からお申込みください。

◆◆3.11開催CRI災害情報部会 拡大セミナー案内(3.03)pdf◆◆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年3月11日に発生した「東日本大震災」から間もなく5年目を迎えます。
この間、全国各地で様々な防災関連イベントが開催され、民間や企業、自治体等においても様々な「災害情報システム」の導入が進んでいます。

しかし、「喉元過ぎれば・・」の言葉通り、年々、防災に対する意識や対策は薄まりつつあるのが現状です。しかしながら、地震や台風などの自然災害はなくなることはありません。

30年以内に70%以上の確率で起きるといわれる「首都直下型地震」を始め、東海や中四国など、西日本太平洋沿岸での地震発生の確率も年々高まっています。また、台風や洪水などの自然災害でも「過去に例を見ない」程の災害が毎年数多く発生しています。

そうした中で、地域に密着し、地域と共に歩むケーブルテレビ局として、今後発生が予想されるこれらの自然災害に対し、どう対処し、どう準備(報道・自社対策)をするかは大きな課題です。

そこで、「CRI災害情報部会」では、
①各地(各局内)で発生した自然災害とその対策情報(前後)を収集し、「情報の共有」を図る
②災害現場での対応等を取材・記録し、災害時におけるマニュアルの整備を進める
③災害情報の共有・連携化を図るためのセミナー、技術研修会の実施
等の活動を展開してまいります。

つきましては、その活動の第1弾として、下記の通り「CRI災害情報部会・拡大セミナー」を開催致します。

テーマ:ケーブルテレビ局における防災情報サービスを考える
講演①2011・3・11東日本大震災から4年が経過して・・
あの時、そして今を迎えた気仙沼ケーブルの「防災対策」の取り組みを聞く
講 師:気仙沼ケーブルネットワーク㈱ 代表取締役専務・濱田 智氏

講演②2014・8・20に発生した「大規模土砂災害」を体験して
講 師:㈱ひろしまケーブルテレビ 営業部長兼安佐南支局長・藤井 伸治氏

講演③イッツコムの防災情報サービス「テレビ・プッシュサービス」の概要と運用
講 師:イッツ・コミュニケーションズ㈱ 取締役常務執行役員 金井 美惠氏

テーマ:自治体やケーブル局で導入が進んでいる
「防災告知システム」の概要とサービス
①公共情報コモンズと連携した
スマタブ向け「CRI災害情報告知システム」(絆アプリ)について
②JC-dataの防災情報アプリ(JC-Smart)
③J.COTTの防災告知アプリ(ゆれくるコール、プッシュサービス、データ放送連携、他)
④DXアンテナの「地域情報配信システム」(メディアゲートサービス)
⑤災害時安否確認システム(ココいるネット)
他、最新の防災関連アプリ・システムの紹介。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会