お知らせ

第140回「CRIフォーラム」開催のご案内です。

2015.12.18

【第140回「CRIフォーラム」開催概要】
日 時:平成28年1月21日(木)15:00~17:00
会 場:日本プレスセンタービル 10Fホール (日本記者クラブ)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10階
03-3580-1581 (代表)http://www.jnpc.or.jp/outline/access/
会 費:CRI会員5千円 非会員1万円
* フォーラム終了後、懇親会を開催致します(参加費5千円。参加自由)

◇参加費のお振込は 1月18日(月)までにお願いいたします。

第140回CRIフォーラム(電力小売りビジネス)開催案内

*****************************************
今回は以下のテーマで構成します。

ケーブルテレビ局における「電力小売りサービス」を考える

【パネルディスカッション】

㈱ジュピターテレコム ケーブルTV事業統括本部 本部長・高橋 邦昌氏

㈱中海テレビ放送 事業戦略本部 企画グループ 事業企画課・森 真樹氏

㈱東急パワーサプライ 代表取締役社長・村井 健二氏

■2016年(平成28年)4月から新規事業者による「電力小売サービス」スタート!!
すでにご案内の通り、来年4月から「電力の小売サービス」(電力小売り完全自由化)が開始されます。これを受けて、東京ガスでは早くも「電力小売りのCM」を開始するなど、今後、多くの新規事業者が電力ビジネスに参入すると見られています。

現在、73社が「適格事業者」として登録されており、ケーブルテレビ業界でもJ:COM、中海テレビ放送、他が小売り電気事業者としての登録申請を行っています。

電力の小売サービスには「業務の遂行能力」が問われるため、インフラ事業者としての経験や小売事業者としてのノウハウなどが必要になるとされており、“有力な事業者”として注目を集めているのが、ガスや通信の事業者であり、ケーブルテレビ業界も大きな関心を寄せています。

東京電力(約2700万世帯)の市場は2兆5000億円といわれており、東京ガスではこの市場を狙って、
①ソフトバンクと連携し、電力・ガス・携帯(通信)と組み合わせた割安なセット価格の提供、
②「くらしの安心サービス」(ガス・水まわり・鍵・ガラスのトラブルサービス)の提供の他、
③「TSUTAYA」との連携による「動画(VOD)配信サービス」やTポイントサービスも計画しており、
「ガス+電気+光回線による家庭内プラットフォームサービス」を計画しています。

■J:COM、イッツコム、中海テレビ放送による「電力小売りビジネス」の戦略を聞く!!
そうした中で、イッツコムでは「東急パワーサプライ」(開始後10年間で約50万世帯の加入を想定)と連携し、放送・通信・電力の他、スマートハウス(見守り・鍵・窓センサー)との連携サービスを計画しています。
また、中海テレビ放送では、2015年10月に「登録申請」を行うと同時に、マンション向け電力サービスを米子市内で開始しました。今後は、電気・放送・通信サービスをセットで販売する等、地域の再生エネルギーを利用した「地産地消」型のエネルギーサービスの提供を目指しています。

一方、2012年12月よりマンション向けに「J:COM電力」を提供しているジュピターテレコムも、放送・通信によるセット割引サービスの他、タブレット端末(電力の見える化サービス)を使った「ネットショッピング」(有機野菜や食品等)など、トータルな生活支援サービスとして計画しています。

そこで、第140回CRIフォーラムでは、2016年春の「電力小売り自由化」に向け、各局がどう対応したら良いのか・・をテーマに、 サービス開始までの解消すべき課題や、電力の購入から需要予測、リスク対応・・・などについて先輩局にお聞きし、「ケーブルテレビ局における電力小売りサービス」を考えます。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会