お知らせ

平成27年度CRI総会+記念講演会のご案内です。

2016.05.11

【記念講演会】

日 時:平成28年5月24日(火)15:30~17:30
会 場:東京・日本プレスセンタービル10F
講 師:①シャープ(株)コンシューマーエレクトロニクスカンパニー
クラウドサービス推進センター 第一サービス開発部 部長・上田 徹氏
②デジタルメディアコンサルタント 江口 靖二氏
懇親会:終了後懇親会を開催致します。(レストラン/アラスカ)
参加費:CRI会員2万円(懇親会含む)/非会員3万5千円(同)

 

<<記念講演①>>

Iotプラットフォームと情報家電が作る新たなサービス

すでに、シャープを始め情報家電メーカーでは、IoTプラットフォームと繋がった様々な情報家電機器(冷蔵庫・クーラー・4Kテレビ・洗濯機)を開発しており、これらの機器から得たビックデータを元に、新たな生活スタイルを提案しています。
また、人口知能(AI)や画像認識、音声合成、センサー、翻訳機能・・は飛躍的に向上しており、これらの機能を搭載したロボット(ペッパー等)は、機械と人間の間をつなぐ新たなヒューマンメディアとして注目を集めています。こうした、ヒューマンメディアと情報家電(IoT)をつなぐネットワークとして、無線や光ネットワークはますます重要な役割を果たしており、ケーブルテレビはIoT社会を支える基盤でもあります。
そこで、講演会①では、シャープ(株)コンシューマーエレクトロニクスカンパニー クラウドサービス開発部長の上田徹氏をゲストに、「IoT+情報家電」によって生まれる新たなサービスと、ケーブルテレビ(光・無線)の役割について提案をいただきます。

 

<<記念講演②>>

「米国NAB大会の報告とUHD4K放送について」・・変貌する米国の放送・通信事情

 

今年のNABは、世界各国の放送局や放送機器メーカーなど約1700社が参加し、「VR」や「4K」「HDR」「IP放送」などをキーワードに最新の放送・通信テクノロジーが展示されました。
NAB会場においては、すでに「4K」は当然(過去)のモノという位置づけにあり、韓国や日本の家電メーカーでは「8K」を中心に展示するなど、NHKや放送局の関心はHDRでのライブ映像に移っています。
特に、スポーツ等、屋外でのライブ中継では通常の4(8)Kカメラでは光度調整が非常に難しいことから、HDR機能が注目されており、サッカーや野球など、スポーツイベントでの活用が注目されています。
今年のNABで最も注目されたのが「韓国の地上波UHD(4K)放送」に関する話題で、韓国では来年2月に平昌で開催される冬季オリンピックを契機に、UHDによる地上波サービスを開始すると発表しています。
そこで、講演②では、デジタルメディアコンサルタントの江口靖二氏をゲストに、日本や米国より先に開始する「韓国のUHD地上波放送」の対応をはじめ、「VR」や「4K」「HDT」「IP伝送」などの最新テクノロジーと、変貌する米国放送・通信事情について解説をいただきます。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会