お知らせ

第39回「CRI定時総会 記念講演会」開催のご案内です。

2017.05.30

【第39回「CRI定時総会 記念講演会」開催概要】

・日 時:平成29年6月29日(木)15:00~17:00

・会 場:日本プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)ホール
http://www.jnpc.or.jp/outline/access/

・会 費:CRI会員1万5千円(懇親会費含む)/非会員2万円(懇親会費含む)

◇参加費のお振込は6月23日(金)までにお願い致します。

第39回「CRI定時総会 特別講演会」開催案内 ※FAXでの参加申し込みはこちらから

**************************************************************************

今回は、以下の2つのプログラムで開催致します。

【特別講演①】
どうなる?!放送の明日とこれからのケーブルテレビ
講 師:(一社)日本ケーブルテレビ連盟(JCTA) 理事長 吉崎 正弘氏

政府は2020年を契機に、5GやIoTが作り出す「Connected Industries」社会の到来を推進しています。
その基盤となるのが4K/8K、VR、5G・・といった通信技術の登場で、これらにより世界的な「第4次産業革命」が起きるだろうと予測されています。

また「第4次産業革命」の到来は、今日の商業や産業の形態を大きく超え、新たな社会秩序を創り出すだろうとも言われています。中でも、4K/8KやVR、5Gの登場によって大きな変化を伴うのが「放送・通信」産業です。

そこで、「CRI定時総会」記念講演会(特別講演)では、日本ケーブルテレビ連盟理事長の吉崎正弘氏をゲストにお迎えし、「どうなる⁈放送の明日とこれからのケーブルテレビ」と題して講演をいただきます。ここでは「Connected Industries」社会におけるケーブルテレビ業界の役割と、今後10年間のケーブルビジネスの潮流について大胆な解説をお聞きします。

【特別講演②】
外国人(中国・モンゴル・ロシア)社員+海外放送局との
番組制作連携による国際交流を聞く
講 師:BTV(株)専務取締役 江夏 徳次郎氏

宮崎県・都城市に本社を置くBTVは、霧島酒造(焼酎の“クロキリ”)が経営するケーブルテレビ局として有名ですが、社員に外国人を多数採用している局としても話題を集めています。

BTVでは平成8年の会社設立当初から、“グローバリーゼーション”と“世界7大陸の人々とのコミュニケーションを大切にする”を社是としており、開局3年後(平成11年)にはモンゴル ウランバートルテレビ局と友好交流を提携した他、平成14年にはニュージーランドとの交流による番組放送(制作)を開始。そして現在では、韓国テレビ局「SBS」やロシア アイスト社とも友好交流の提携を結び共同番組を制作しています。

また、海外放送局との連携(提携)と合わせて、海外のスタッフを社員としても採用(男女合わせて6名)しており、彼らが中心となって番組制作(「BTVワンダフルワールド」:外国人から見た日本の魅力や、母国にない文化を体験・紹介するバラエティ番組)やイベントを実施しています。

他に、エリア内の自治体(国際交流課)や教育機関(大学や小中高)との交流を通じた国際交流活動や、モンゴルUBS、ロシアAUCTB、UBSKOREA、日本BTVの4局合同による 「インターナショナルアマチュアビデオフェスティバル」(通称:Fish Eye)を都城にて開催するなど、ケーブルテレビによる社会(地域・国際)貢献活動として大きな注目を集めています。

そこで、特別講演②では「異色経営者に聞く‼」と題して、BTV専務取締役の江夏徳次郎氏をゲストに「外国人社員+海外放送局との番組制作連携による国際交流」の現状をお聞き致します。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会