お知らせ

第157回「CRIフォーラム」開催のご案内です。

2017.09.22

【第157回「CRIフォーラム」開催概要】

・日 時:平成29年10月17日(火)15:00~17:00

・会 場:日本プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)ホール
http://www.jnpc.or.jp/outline/access/

・会 費:CRI会員5千円 非会員1万5千円
*フォーラム終了後、情報交換会を開催致します(参加費5千円。参加自由)

◇参加費のお振込は10月13日(金)までにお願い致します。

第157回「CRIフォーラム」開催案内 ※FAXでの参加申し込みはこちらから

**************************************************************************

今回は以下の2つのテーマで開催致します。

〈パート①〉
東名阪の「民放15局+IIJ」が立ち上げた「JOCDN(株)」の取組と、民放局による動画配信(CDN)事業について
―CDN:Content Delivery Network(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)の略。
ユニキャストやマルチキャストに係りなく、多数の利用者に、同時に大量の動画コンテンツを効率よく配信するための仕組みで、IPリニア放送やIP動画配信には不可欠なサービス。

講師:JOCDN(株) 取締役 福田 一則氏

■「民放15社+IIJ」による、IP放送のための「配信プラットホーム」会社!!
「TVer」を始め、「hulu」や「AbemaTV」等、民放各局による「動画配信サービス」が本格化しています。
そうした中、総務省では現在、有識者による「テレビ番組のネット常時同時配信」(IPリニア放送)のあり方を検討しており、NHKでは放送法改正を前提に2019年にも「常時同時配信」を始める考えを示しています。

一方の民放は、「NHKのネット配信(課金)は民業の圧迫になると同時に、ネット配信における権利処理問題が未解決で課題が大きい」として、「常時同時配信」には慎重な姿勢を見せています。しかし、“決断すればいつでも始められるように”システムの共同開発(プラットホーム化)を進めています。

そのシステムの開発を手掛けるのが「JOCDN(株)」で、同社は2016年12月1日に日本テレビとIIJの2社により、「動画配信のCDN事業を行う会社」として設立されました。その後、2017年4月に東名阪の民放14社が新たに資本参加をし、民放各局の動画配信サービスに対して、CDNを提供しています。

■動画配信やIPリニア放送に欠かせない「CDN」システム
米国アマゾンをはじめユーチューブや地上放送局(IP)では、ネットによる動画コンテンツを効率よく配信する方法として米アカマイ・テクノロジーズなどが提供している「CDN」配信サービスを利用しています。日本においても、多くの動画配信やネット通販事業者が「CDN」サービスを活用していますが、JOCDNでは「放送局が手掛けるネット配信に相応しい(通常放送と同水準の映像品質の実現)CDNサービスを実現しており、高度BS(4K)やHCも含めた「常時同時配信」に対応したIP放送のプラットホームづくりを推進しています。

そこで、第157回CRIフォーラムでは、JOCDNの福田一則氏をゲストにお迎えし、「放送局による動画配信事業の取組とJOCDNの展開」についてお聞きします。合わせ、ケーブルテレビ事業とJOCDNの連携等についてもお聞きします。

〈パート②〉
ケーブルテレビ業界初!!
上り下り「10G商用サービス」を開始するTCNのIP対応を聞く

講師:多摩ケーブルネットワーク(TCN)技術部・技術課長 安高 徳仁氏

■世界初、10G32分岐の高スペックを提供!
TCNではケーブルテレビ業界初の、上り下り「10G商用サービス」を今年10月より開始します。また、サービス開始にあたり、今年2月から4月にかけて110班もの工事スタッフを投入し、全域FTTH工事(完全二重化)を終了させています。

すでに、本局舎とサブ(3施設)施設内には3万6千世帯(当面対応数)を収容できる「10G-EPON」装置を設置しており、1G、2.5G、10Gのサービを計画しています。今回のサービスで特徴なのは、光の分岐数を最小の32分岐に抑えたことで、NTTなどが提供しているサービス(64/128分岐)をはるかに超える高スペックを実現させています。

これは、4Kや8Kをはじめとする「次世代放送サービス」(IPリニア放送サービス)を意識した対応で、放送外サービスとしては、IoTやヘルケア、安心・安全(スマートホーム)、企業や行政向などのB2Bサービスも計画しており、通信(10G)と地域BWA、5G(移動無線)が融合した、「高度な地域情報通信サービス」を目指しています。

そこで、CRIフォーラム(パート2)では、TCN技術課長の安高徳仁氏をゲストに、「10G商用サービスを開始するTCNのIP対応」についてお聞きします。また、IPSTBや10G-PON用ONUや無線ルーターの調達や4KIP動画配信、IPマルチキャスト、ユニキャストの対応についてもお聞きします。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会