お知らせ一覧

2019年10月のお知らせ一覧(全2件)

ニュース 2019.10.15
第178回「CRIフォーラム」開催のご案内です。

【第178回「CRIフォーラム」開催概要】

・日 時:2019年11月07日(木)14:30~17:00

・会 場:日本プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)ホール
http://www.jnpc.or.jp/outline/access/

・会 費:CRI会員5千円 非会員1万5千円

◇参加費のお振込は11月4日(月)までにお願い致します。

第178回「CRIフォーラム」開催案内 ※FAXでの参加申し込みはこちらから

**************************************************************************

今回は以下のテーマで開催致します。


ケーブルオペレータのコスト削減、品質向上に貢献する「IX+クラウド」の活用施策を聞く!!

―JPIXとアマゾンウェブサービス(AWS)が考える新たなクラウドサービスとは?―

講 師:日本インターネットエクスチェンジ(株) 代表取締役社長 山添 亮介氏
講 師:アマゾンウェブサービスジャパン(AWS)(株) 技術統括本部 ネットワークスペシャリスト 菊池 之裕氏

総務省の発表によれば、「国内の下り固定回線の総量は13Tbpsを超え、今後もますます拡大する傾向にある」としています。
ケーブルテレビ業界においても、インターネットをはじめ、「milplus」、「Hulu」、「Netflix」等のネット動画配信は年々拡大を続けており、ネットの高速化と品質管理が求められています。
そこで、こうした状況に対応すべく、多くのケーブル局はFTTH化と合わせ、通信サービスも1Gから10Gへと高速化を進めています。

一方、FTTH化により回線の高速化は進められましたが、ネット動画の増加により上位回線に接続するコスト増や回線の混雑解消が大きな課題となっています。そこで、日本ケーブルテレビ連盟ではその対策として「IX」の利用と、「キャッシュサーバ」の設置を推奨し、すでに数十社のケーブル局がIXサービスやキャッシュサーバを設置しています。

キャッシュサーバとは、インターネット(Web)で提供されているコンテンツを複製(保存)し、ユーザからの要求があった場合に、本来のコンテンツを提供すべきサーバ(コンテンツサーバ)に代わってコンテンツを配信するサーバのことで、トラフィックの混雑解消が図られます。
また、IXと接続することで「クラウド利用」(定額契約による接続料金の軽減化、セキュリティの向上)が図られるなど多様なサービスの創出が期待されています。
そこで「第178回CRIフォーラム」では日本インターネットエクスチェンジの山添氏とAWSネットワークスペシャリストの菊池氏をゲストにお迎えし、「IX+クラウドを活用した地域課題の取組み」について考えます。

パート①ケーブル局の「コスト・品質向上」と「地域力&売上」に貢献するIX
講師:日本インターネットエクスチェンジ(株) 代表取締役社長 山添 亮介氏
すでに数十社のケーブル局が「IXサービス」を利用しています。そこで、「パート①」ではIXを利用することのメリット(コスト削減や品質向上・セキュリティ対応)について考えます。また、オンプレミス(自社構築・運用)からクラウド方式でキャッシュサーバを設置する事業者向けの対応(JPIX内に設置したアカマイキャッシュサーバの利用)についても考えます。

パート②「AWSを活用した地域の課題解決」の取組 
講師:AWS(株) 技術統括本部 ネットワークスペシャリスト 菊池 之裕氏
これまで情報通信の「クラウド」利用には様々な意見がありましたが、米国(政府機関や金融・情報サービス業)での利用を皮切りに世界的にも利用が広がっています。すでに日本においても、多くの銀行や地方自治体では様々なサービスがクラウド経由で提供されており、セキュリティ対策の観点、中でも、広域で甚大な災害に見舞われた場合のBCP対策としてもクラウド利用が高く評価されています。

そこで「パート②」では、「クラウドファースト」として利用が拡大している自治体の取組についてお聞きします。これまで行政では大量のデータを紙や資料等で管理し、広報等の手段も広報誌やテレビ(ケーブルテレビ)等で行ってきました。そして現在では、地域ICT等の普及により、様々な行政サービスがネットワーク経由で実施されています。しかし、ここにきてセキュリティ対策やサービス向上の観点から、「クラウド」(AWS)での運用が始まっており、年々全国的な広がりを見せています。

また、「CATV+クラウドによる行政サービス」をはじめ、「次世代通信システム(IoT、ローカル5G)とCATVの連携による地域産業支援への期待が高まっている」(菊地氏)と言われています。そこで、ここでは「CATV+AWSによる地域課題解決」の取組をお聞きします。

CRIフォーラム 2019.10.11
第177回「CRIフォーラム」を開催しました。

今回は「ドコモ光タイプC」をテーマで開催しました。

【パート①】
ドコモが語る!!
「ドコモ光サービス」によるケーブルテレビ事業者との協業
講 師:(株)NTTドコモ 光ブロードバンド事業推進部 サービス推進担当部長 中村 広季氏

【パート②】
「ドコモ光タイプC」効果を大いに語る!パネルトーク

[講 師]
(株)NTTドコモ サービス推進担当部長 中村 広季氏
(株)秋田ケーブルテレビ 代表取締役社長 末廣 健二氏
近鉄ケーブルネットワーク(株) 代表取締役社長 桑原 克仁氏
(株)シー・ティー・ワイ 代表取締役社長 渡部 一貴氏
(株)ニューメディア 代表取締役社長 金子 敦氏

[進 行]
(株)ハートネットワーク 代表取締役社長 大橋 弘明氏

******************************************

第177回「CRIフォーラム」開催概要】

・日 時:2019年10月10日(木)14:00~17:00
・会 場:日本プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)ホール
・会 費:CRI会員5千円 非会員1万5千円
*フォーラム終了後、懇親会を開催しました。

月別お知らせ一覧

2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会