お知らせ

第173回「CRIフォーラム」開催のご案内です。

2019.04.24

【第173回「CRIフォーラム」開催概要】

・日 時:2019年5月14日(火)14:30~17:00

・会 場:日本プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)ホール
http://www.jnpc.or.jp/outline/access/

・会 費:CRI会員5千円 非会員1万5千円
*プログラムの合間にブレイクタイムを設けております。
この時間を使って講師や皆様との情報交換が可能です。

◇参加費のお振込は5月10日(金)までにお願い致します。

第173回「CRIフォーラム」開催案内 ※FAXでの参加申し込みはこちらから

**************************************************************************

今回は以下のテーマで開催致します。


広がるQR決済とケーブルテレビによる「地域経済活性化」を考える!!
注目の「スマホ決済」(PayPay、地域通貨など)サービスをケーブルビジネスにどう活かすか!!

〈パネルトーク形式で開催〉
講 師
:①PayPay(株) 営業統括本部営業本部 中部第2ブロック ブロック長 石田 謙一氏
:②(株)フィノバレー 代表取締役社長 川田 修平氏(飛騨高山地域通貨「さるぼぼコイン」運営会社)
:③飛騨高山ケーブルネットワーク(株) 取締役副社長 鎌野 寛氏
:④となみ衛星通信テレビ(株) 業務部次長 浅谷 一寛氏

 

■広がるQR決済とケーブルテレビによる「地域経済活性化」を考える!!
海外、中でも韓国や中国に比べ大幅に遅れていると言われる「スマホ決済(QRコード+スマホ)」が日本においても急速に普及しつつあります。

QR決済には、ネット企業、携帯キャリア、銀行、流通など様々な企業が参入していますが、地方においても地域通貨と結びつけたサービスが登場しています。中でも、岐阜県の飛騨高山市(飛騨市、白川村)では昨年12月より「さるぼぼコイン」という「地域通貨」を発行(飛騨信用組合)し、スマホで使える仕組みを導入しています。

「さるぼぼコイン」の使用にあたっては、専用のアプリをスマホにダウンロードすることで、コイン(1円)のチャージと支払いが可能で、支払い時には加盟店の店頭やチラシに印刷された「QRコード」をスマホで読み取り、金額を入力して完了するという仕組みです。

一方、昨年10月から、全国版の「スマホ決済」サービスを開始したのが「PayPay」(ソフトバンク+ヤフーによる共同出資会社)で、12月には“100億円あげちゃうキャンペーン”を実施するなどして話題を集めました。

「PayPay」の決済方法等は「さるぼぼコイン」とほぼ同様ですが、スマホ決済は「おサイフケータイやクレジットカード決済と比べて、導入時の経費が無料に近い」ということから店舗側にも大きなメリットがあると言われています。また、今後の可能性として期待されているのが「購入履歴等」ビックデータの活用で、新たな製品やサービスの開発、マーケィング戦略に大きな効果が発揮できるとして期待されています。

そこで、第173回「CRIフォーラム」では、
・PayPay(株) 営業統括本部 中部第2ブロック長 石田謙一氏
・(株)フィノバレー 代表取締役社長 川田 修平氏
・飛騨高山ケーブルネットワーク(株) 取締役副社長 鎌野 寛氏
・となみ衛星通信テレビ(株) 業務部次長 浅谷 一寛氏
の皆様をゲストにお迎えし、「注目の『スマホ決済』(PayPay、さるぼぼコイン)サービスをケーブルビジネスにどう活かすか!!」と題して開催致します。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会