お知らせ

第1回「CRIオンラインセミナー」開催のご案内です。

2020.07.09

【第1回「CRIオンラインセミナー」開催概要】

・日 時:2020年7月28日(火)13:30~15:00

・受講方法:Zoom
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

・会 費:CRI会員2,000円 CRI非会員5,000円

第1回「CRIオンラインセミナー」開催案内 ※FAXでの参加申し込みはこちらから

**************************************************************************

以下のテーマで開催致します。


コロナ禍を契機にテレビの世界はどう変わるか!!
(パート①)
-ケーブルテレビの顧客を如何につかんで離さないか?!!
そのための“カスタマージャーニーマップの作成とコミュニティチャンネル”の重要性について提言します-

講師:メディアコンサルタント 境 治氏

 

政府の「緊急事態宣言」は解除されたものの、新型コロナ感染症の影響はまだまだ続いています。
テレビ業界においては、テレビCMの激減が番組制作にも大きく影響しており、放送業界全体の売上は前年比マイナスが確実で、キー局もローカル局も厳しい状況に苦しんでいます。
もともと業界再編が囁かれていた中、変革は待ったなしで放送業界全体に「地殻変動」が始まっています。
これらの動きはケーブルテレビ業界にも波及することは確実で、テレビのネット配信や、OTTサービスはすでに小学生の世界にも広がりを見せています。

そうした中で、ケーブルテレビにとっての最大の課題は「ケーブルテレビの顧客(新規顧客も含めて)を如何につかんで話さないか?」にあります。
皆さんは顧客をどう呼び込んでいますか?また顧客になった方をどうつなぎ留めていますか?いろいろ手は打っていることと思いますが、その全体像は把握できているでしょうか。そのために、カスタマージャーニーを作ってみましょう。お客さんはどんな流れでサービスに契約し、どんな施策で継続してくれているのかを、把握する作業です。そしてその中でコミュニティチャンネルはどんな役割か。あるいはこう役立てられるのではないか。唯一のオリジナルコンテンツとしてのコミュニティチャンネルの最大活用について提案します。

その場でみなさんからの意見もいただき、できるだけ具体的な形をセミナーの場で作り上げられればと思っています。オンラインだからこそ、参加型のセミナーを試みます。

*カスタマージャーニーとは、顧客が商品やサービスを知り、最終的に購買するまでの、「行動」、「思考」、「感情」を図式化したものです。顧客行動を把握する際、「商品を買ってくれた」、「広告を見てくれた」などの目に見えるリアクションだけの把握では十分ではありません。顧客はそのアクションの前後、背後にもさまざまな思考や感情、課題を持っています。どのタイミングで、どのような情報を顧客に提供するべきなのかなどをつかむためには、カスタマージャーニーの作成が大事です。


コロナによって自社の市場環境や顧客ニーズはどう変化したか
(パート②)
-ケーブル局が受けた「コロナ影響の実態」と「withコロナ時代」に有望視されるサービスについて-

講師:月刊『ニューメディア』編集長 渡辺 元氏

新型コロナウイルスの蔓延は、ケーブルテレビ業界に大きな影響(営業機会や宅内工事の損失、番組内容の変更等)を与えています。一方で、無線やインターネットニーズの拡大、テレワーク業務のサポート、遠隔教育(授業)支援等、新たなサービスに対する期待も高まっています。
そこで、パート2では、月刊『ニューメディア』編集長 渡辺 元氏に登壇をいただき、「コロナによって自社の市場環境や顧客ニーズはどう変化したか」(月刊『ニューメディア』8月号・アンケート結果)について報告をいただきます。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会