お知らせ

第8回「CRIオンラインセミナー」開催のご案内です。

2020.12.25

【第8回「CRIオンラインセミナー」開催概要】

・日 時:2021年1月19日(火)13:30~15:00(質疑応答含む)

・受講方法:Zoom
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

・会 費:CRI会員3,000円 CRI非会員6,000円

第8回「CRIオンラインセミナー」開催案内 ※FAXでの参加申し込みはこちらから

**************************************************************************


注目されるケーブルテレビの新ビジネス—
家庭のテレビでオンライン診療!!
国内初ケーブルテレビを活用した「オンライン診療」―J:COM「総合ヘルスケアサービス」の展開を聞く

講師:櫻井 俊一氏 (株)ジュピターテレコム(J:COM)イノベーション推進本部長

政府(厚生労働省)は今年4月10日から、
新型コロナウイルスの感染対策のためオンライン診療の規制緩和を実施しました。
オンライン診療とは、医師がスマートフォン等の情報通信機器を使って離れた場所にいる患者の診察・診断
、薬の処方などの診療行為をリアルタイムで行うことで、
2015年にスタートし、18年4月よりは保険適用となりました。

また、従来のオンライン診療の対象者は「慢性疾患患者」等の再診のみを対象としていましたが、
20年4月からは対象疾患を問わず、初診まで拡大することとなりました。
これは、「新型コロナウイルス感染症」が拡大し、医療機関への受診が困難になりつつある中、
国民(医療従事者も含む)・患者が安心して医療を受けることができるよう、
初診から電話等で医療機関へアクセスし、適切な対応が受けられるよう整備したものです。
これを受け、今後、オンライン診療のさらなる普及が期待されています。

家庭のテレビでオンライン診療、J:COMが2021年度に商用スタートへ
そうした中、J:COMでは、ケーブルテレビのインフラを活用したオンライン診療の実証実験を2019年度に実施しました。
家庭のテレビ画面で診療が受けられるシステムを自社開発して、
医療機関向けシステムを提供する医療系ベンチャー企業と提携し、福岡市と東京都内で実際の患者様に診療で使用して頂きました。
J:COMが開発した遠隔医療システム(オンライン診療アプリ)と、
国内の主要オンライン診療サービス事業者のシステムを連携する事により、
患者宅のテレビ画面上でのビデオ通話による診察や服薬指導、医療機関の予約や問診などを実現したものです。

今回の実験は、厚生労働省の「オンライン診療の適切な実施に関する指針」に基づき実施された他、
機器の設置や初期設定、操作説明などはJ:COMスタッフが患者宅を訪問してサポートする等、
地域密着事業者であるケーブルテレビ事業者のノウハウを生かして実施されました。


そこで、(株)ジュピターテレコム イノベーション推進本部長 櫻井 俊一氏をゲストにお迎えし、

①オンライン診療の現状(政府・事業者対応)について
②オンライン診療実証実験の概要(実験映像)
③ケーブルテレビを活用したオンライン診療の有用性と課題
④今後のヘルスケアサービスの商用化の展望
・・・・等、新年に相応しく、
注目されるケーブルテレビによる新ビジネスー家庭のテレビでオンライン診療!!をテーマに開催致します。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会