過去の開催概要

ケーブルテレビ情報センター(CRI)では、毎年12月に「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー」 (昭和63年より)を実施しております。

「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー」は、ケーブル(放送通信)テレビ業界の発展のために、多大な貢献をされた業界関係者(個人・団体)を対象にした「表彰制度」で、1988年の第1回目から今年で23年目を数え、この間に65名(個人・団体)が「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれています。 選考は「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー選考委員会」(委員長・木村輝夫 元長崎ケーブルメディア代表取締役社長)において検討され、CRI運営委員会において決定しています。

第21回ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー開催

ケーブル業界関係約150人の方々にご参加いただきました。

誠にありがとうございました。
写真前列左より、
個人受賞者の林 真吾氏(蕨ケーブルビジョン (株)放送ネットワーク部係長)

特別賞を受賞した(財)衛星放送協会の林 尚樹 専務理事

後列左より、
大島精次 CRI代表理事、木村輝夫 選考委員長

<受賞者> 林 真吾氏(蕨ケーブルビジョン(株)放送ネットワーク部係長)

◆ケーブルテレビによる「学童見守りサービス」の提供を通して、地域の安心・安全サービスに貢献した。

<特別賞> (財)衛星放送協会

◆「地球温暖化防止」「飲酒運転撲滅キャンペーン」等の実施を通じて、デジタル放送事業者として社会的貢献を果たした。

第21回「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー2008」式次第 ― 記念講演会・贈呈式 ―

■日 時:平成20年12月16日(火)

■講演会 16時~17時

テーマ:「このままでいいのか?多チャンネル放送」

講 師:(株)ジュピターテレコム上席執行役員

ジュピターTVカンパニーCoプレジデント中谷博之氏

■贈呈式 17時~17時30分

■懇親会 17時30分~19時00分

※講演会の前に、特別試写会を行いました。

■試写会 15時~16時

新潟県協議会四局共同制作番組-『直江兼続』(火坂雅志原作「天地人」より)の試写

-平成21年NHK大河ドラマ「天地人」の原作者が語る上杉家老直江兼続の生涯-

*平成21年NHK大河ドラマ「天地人」が、新潟県を舞台に放送されることから、日本ケーブルテレビ連盟の新潟県協議会(佐渡、新潟、長岡、上越)では、4局共同制作による番組『直江兼続』(火坂雅志原作「天地人」より)を制作致しました。

そこで、今回は、特別講演会に先駆け、コミチャン版「天地人」の試写を行いました。

■会 場

(社)日本記者クラブホール(日比谷プレスセンター)

東京都千代田区内幸町2-2-1 03(3503)2721(代表)

・講演会+贈呈式(プレスセンタービル10F ABホール)

・懇親会会場(プレスセンタービル10Fレストラン・アラスカ)

■参加費

会 員1万5,000円/1名(懇親会費含む)

非会員2万円

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会