お知らせ

第112回 CRIフォーラムのご案内です。

2013.01.30

【第112回 CRIフォーラム開催概要】
日 時:平成25年2月21日(木)午後3時00分~5時00分
会 場:東京・日比谷プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)
      東京都千代田区内幸町2-2-1電話:03-3503-2721
講 師:(Part1)マクニカネットワークス㈱
         キャリアビジネスディべロップメント部 五味 祐介氏
    (Part2)NPO法人マンションオーナーズコミュニティー
         理事・桑原 良太氏
会 費:CRI会員1名5千円/非会員1万5千円
       *終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)

**************************************

 

今回は次の2つのテーマで開催致します。

PART-Ⅰ
IPTV(ブロードバンド)時代の「課題」
帯域の混雑解消+ヘビーユーザー対策を考える

講 師:マクニカネットワークス㈱
    キャリアビジネスディべロップメント部 五味 祐介氏

PART-Ⅱ

マンション(集合住宅)管理組合と提携した
「電力提供」(電気料金削減)ビジネスについて

講 師:NPO法人マンションオーナーズコミュニティー
    理事・桑原 良太氏 

【PART-Ⅰ】

ブロードバンドサービスの課題-「帯域の混雑解消対策」を考える

ブロードバンドやスマートテレビ(IPTV+OTTサービス)を利用した
動画配信サービスは、2016年には1500万世帯(内、770万世帯がスマートTV)
にまで達するだろうと予測しています。

一方、こうしたニーズの高まりに反して、ケーブルテレビ事業者や通信キャリアの
悩みは、年々増え続ける動画サービスに対して、どう「帯域を確保」するか?です。

これまで、ケーブル各社ではトラフィックの増大に合わせて、その都度「設備の増強」
を図ってきましたが、一方で、トラフィックをコントロールするシステムの活用も
重要視されています。

そこで、「PART-Ⅰ」では、
国内大手通信キャリアや米国CATV事業者がこうした「課題」にどう対応しているのか、
その最前線について解説をいただきます。

【PART-Ⅱ】

マンション向け「電力提供」(電気料金削減)ビジネスについて

J:COMは、昨年12月から東京杉並区で「マンション向け電力一括受電サービス」を
開始しました。
これは、J:COMが関連会社から電力を購入し、杉並区内にあるマンションに「売電」
するもので、マンション単位で一括契約することで、従来の戸別契約の料金体系(東電)
より安く利用することができるというサービスです。

一方、神奈川や関西地区のケーブル局では、電力会社から「割安な高圧電力」を一括購入
し、「低圧」にしてマンションの各戸に再配電するビジネスを計画するなど、
各地でケーブルテレビ局による「売電ビジネス」への取組みが始まっています。

そこで、「PART-Ⅱ」では、
マンション管理組合と連携した「電力提供」(電気料金削減)ビジネスについて考えます。

 

★CRIでは、昨年12月に、第1回CRI「スマートTV&ケーブルOTTビジネス研究会」
  (略称:C.OTTビジネス研究会)を実施致しました。

本年1月22日に開催された「第2回」では、前回を超える90名の参加者がありました。
研究会の参加費は無料です。
原則、CRI会員を対象に年6回程実施致します。
次回(途中)からの参加も可能です。

第3回CRI「C.OTTビジネス研究会」は、
2月21日(木)午前10時00分~12時00分、銀座・フェニックスプラザにて
開催致します。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会