お知らせ

第177回「CRIフォーラム」開催のご案内です。

2019.09.11

【第177回「CRIフォーラム」開催概要】

・日 時:2019年10月10日(木)14:00~17:00

・会 場:日本プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)ホール
http://www.jnpc.or.jp/outline/access/

・会 費:CRI会員5千円 非会員1万5千円
フォーラム終了後、懇親会(参加費5千円。参加自由)を開催致します。

◇参加費のお振込は10月7日(月)までにお願い致します。

第177回「CRIフォーラム」開催案内 ※FAXでの参加申し込みはこちらから

**************************************************************************

今回は「ドコモ光タイプC」をテーマに以下の通り開催致します。

第1部(14:00~14:50)
ドコモが語る!! 「ドコモ光サービス」によるケーブルテレビ事業者との協業
講 師:(株)NTTドコモ 光ブロードバンド事業推進部 サービス推進担当部長 中村 広季氏

第2部(15:00~16:50)
 「ドコモ光タイプC」効果を大いに語る!パネルトーク
講 師:(株)NTTドコモ サービス推進担当部長 中村 広季氏
(株)秋田ケーブルテレビ 代表取締役社長 末廣 健二氏
近鉄ケーブルネットワーク(株) 代表取締役社長 桑原 克仁氏
(株)シー・ティー・ワイ 代表取締役社長 渡部 一貴氏
(株)ニューメディア 代表取締役社長 金子 敦氏
進 行:(株)ハートネットワーク 代表取締役社長 大橋 弘明氏

放送の多チャンネルサービスから始まったケーブルテレビのビジネスは、「放送通信の融合サービス」の時代を迎え、現在では、高速インターネットやモバイル(MVNO)サービス等、通信事業者(KDDI、ソフトバンク、NTT)と連携した様々なサービスを提供しています。

そうした中、2016年12月からはドコモとケーブルテレビ事業者が連携した「ドコモ光タイプC」サービスが開始されています。「ドコモ光タイプC」とは、ケーブルテレビ事業者が保有する光回線を使って、ドコモが提供するブロードバンドサービスで、CCJグループのシー・ティー・ワイとケーブルネット鈴鹿との「協業」をベースに運用が開始されました。

その後、「ドコモ光タイプC」サービスは、近鉄ケーブルネットワーク、エヌ・シィ・ティ、ニューメディア、テレビ小松、多摩ケーブルネットワーク、香川テレビ放送網、秋田ケーブルテレビ、伊賀上野ケーブルテレビ、上越ケーブルビジョン、射水ケーブルネットワーク、アドバンスコープ、テレビ岸和田、ケーブルテレビ富山、ケーブルメディアワイワイ、ベイ・コミュニケーションズ、キャッチネットワーク、TOKAIケーブルネットワークの19社でサービスが提供されています。(2019年7月時点)

ケーブルインターネットのユーザーにとっては、
①工事や新たな設定をすることなく「ドコモ光サービス」が利用できる。
②ドコモ携帯回線とセットで契約すると、携帯の通信料金から割引になる「ドコモ光セット割」が利用可能。
③ドコモのポイントサービス(dポイント)が利用可能で、ポイントが貯まりやすい。
④利用料金はタイプA(NTT回線利用)と同額で、上下最大1Gbps以上の回線利用が可能
*多摩ケーブルネットワークの利用者は、下り最大2.5Gbps、上り最大1.25Gbpsの回線利用が可能
⑤ケーブルテレビのサービス(テレビ、電話)との割引も可能
・・・として、サービス開始以来、「ドコモ光タイプC」の加入者が拡大していると言われています。

また、「ドコモ光 タイプC」のサービス開始は、ケーブルテレビの加入や解約防止にも良い影響を与えており、「ドコモショップに訪問されたお客様が、ショップの紹介でケーブルテレビにも新規加入された」、「KDDI(ケーブルプラス電話、auスマートバリューおうち割)やソフトバンク(ケーブルライン)に加えて、ドコモ(セット割)も加わったことから、サービスが豊富になり解約防止につながった」・・という声も聴かれています。

また、今年秋には「通信料金と端末代金の完全分離」や「解約金の値下げ」、「端末割引と長期利用割引の規制」・・など、総務省の新政策(電気通信事業法の一部を改正する法律)が施行されることから、競争環境の激化が予想され、ケーブルテレビとのセット販売には大きな期待が持てるのではないか・・とする意見もあります。

そこで、第177回「CRIフォーラム」では、(株)NTTドコモ 光ブロードバンド事業推進部の中村広季氏と、「ドコモ光タイプC」サービスを提供しているケーブルテレビ事業者(秋田ケーブルテレビ、近鉄ケーブルネットワーク、シー・ティー・ワイ、ニューメディア)の代表者様をゲストにお迎えし、「ドコモ光タイプC」をベースとするNTTドコモとケーブルテレビ局の‟協業効果”についてディスカッションを致します。

Facebookページはこちらから
会員専用ページへ
CRIフォーラム参加申込みフォーム
セミナー・その他参加申込みフォーム

CRI災害情報部会